活版印刷についてのご注意

  • 印刷は金属版もしくは樹脂版を使って印刷します。デザイン、図、絵柄、印圧によっては適切な版を選択して印刷しています。
  • 基本的に色の濃度は100%ベタで作成ください。
  • 濃度を下げて段差を表現する場合(例:印刷は黒でも濃度を50%にしてグレーにする等)100%から濃度を下げた箇所はアミ点で表現されます。活版印刷では通常の印刷物よりドットが粗く表現されます(線数は80~100線)。ドット・アミ点の出方により縁がガタガタしたり色むらが出る・細線や文字は欠ける等リスクがあり推奨しておりません。
    上記に関して予め御了承頂きました上で印刷をさせていただきます。またその際、段差は100%・50%・20%の3段階のみでお願いします(色の段階を表す為、弊社にて濃度を調整させて頂く場合がございます)。
  • 特色の指示はDICまたはPANTONE®で指示してください。
    (DICはグレイトーンカラー不可 PANTONE®は【Solid Coated】【Solid Uncoated】よりお選びください)
  • DIC/PANTONE® の特色印刷について
    CAPPAN STUDIOでは、メーカー指定(DIC やPANTONE® など)のカラーチップのインキ配合を再現する物です。カラーチップでのご指定は、インキの色を再現する事を指します。 インキは、用紙により発色に違いがあり、印刷された仕上りの色をカラーチップ通りに再現する事ではありません。また、前回印刷された物や色見本に合わせて色を再現する物でもありません。
  • 写真やグラデーション・ぼかし等の印刷はできません。Photoshopにつきましては下記Illustrator全般をご参照ください。
  • 刷り色は基本3色まで。掛け合わせはできません。
  • 用紙や文字の大きさ、絵柄によっては、印圧を掛けれない場合があります。文字、絵柄の綺麗さの再現よりも、印圧を重視される場合は事前お申し付け下さい。

Illustrator全般

  • 仕上がりサイズにトンボ(トリムマーク)をつけてください。
  • 両面印刷は表・裏が分かるよう記載ください。
  • 塗り足しを付けている。(印刷後トンボに沿って裁断します。塗り足しが無いと、裁断にわずかなずれが生じた際、白い部分が出てきます。)
    ※断裁されることを想定して制作しましょう。
    もし塗り足しがないと断裁行程で微妙にずれた時に紙の白い部分がみえてしまいます。
  • 文字は全て、アウトラインされている。
  • 罫線の太さは0.1mm(0.3ポイント)以上にしてください。(浮き出し加工の場合は0.5mm以上の太さが必要です)
  • データはCMYKのいずれか1色もしくはご希望の特色で作成ください。
  • 画像を配置される場合もしくは Photoshopでデザインを作成される場合。解像度は原寸で1200dpi、カラーモードをモノクロ2階調にして作成ください。
  • 画像は埋め込まずにリンクさせてください。
  • 小さな文字を使用している・細かい・複雑なデザインについて細かすぎる点や白抜きは印刷時につぶれてしまう可能性があります。予めご了承くださいませ。

データチェックについて

  • 弊社でのデータチェックは印刷できるかどうかを確認する為に行います。
    文字の間違いや、設定等につきましてはチェックを行いませんので、予めご了承くださいませ。
  • データが印刷に問題がある場合、弊社よりご連絡させて頂きます。
    お客様側で修正をお願いいたします。再入稿が完了した時点より、納期の計算をいたします。
  • 「ご注文メール/入稿データ/入金確認」の3つが揃いましてご注文確定となります。
  • 納期はご注文確定後、12営業日後に発送いたします。

Pantone® LLC is a wholly owned subsidiary of X-Rite, Incorporated. Portions c Pantone LLC.