CLOSE

竹芸家 早川尚古斎6代目、活版印刷名刺

2017.07.04KYOTO PRESS

竹芸家 早川尚古斎6代目当主のお名刺のご注文を請け賜りました。

京都活版印刷所店頭までお越し頂き、用紙をお選び頂き、お色味の注意事項などお話させて頂き、デザインを拝受して完成いたしました。

活版印刷_名刺_竹工芸

 

用紙は、トライアルで使用しているイタリアのコットン35%含む、ワイルド-FS450g/㎡を採用いただきました。

柔らかな用紙ですので、印圧が入りやすく荒々しさと優しさが混在する仕上がりかなと思います。

お名刺の仕様

用紙:ワイルド-FS 450g/㎡
印刷:活版印刷:3c/1c (表3色 裏1色)  印圧は干渉しない程度に強く
Client & Design: 竹芸家 早川尚古斎 早川尚坡さま

 

人間国宝_活版印刷名刺

毛抜き合わせ

今回のデザインで3色側の「尚古斎」の文字部分をバックの竹を印刷した後に、印刷を乗せての印刷で考えておりましたが、バックがあるところと無いところでは色の違いが出るため、文字を毛抜きあわせにて進行しました。

活版印刷では1色ずつ色を乗せていきます。

理屈では、見当(位置)があっていても、印圧や湿度によって用紙の伸びがあり髪の毛1本程度の見当のズレが出る可能性があります。
細心の注意を払い、見当ズレの無いよう仕上げさせて頂きました。

活版印刷見当合わせ

工芸家_活版印刷

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
最新記事

ONLINE STORE