CLOSE

マーマレード活版印刷ラベル

2018.10.09KYOTO PRESS

福岡正信自然農園マーマレードのラベルを活版印刷にて請け賜わりました。
弊社京都店舗へ足を運んでいただき、用紙を決め、仕上がりをイメージをご相談しながら仕上げさせて頂きました。
商品と活版印刷したラベルが上手くマッチングして素敵な仕上がりになって嬉しく思っています。

活版印刷_ラベル

活版印刷の写真再現

ラベルには活版印刷で写真を印刷したました。活版印刷は、オフセット印刷と比べると線数が低く、アミ点が粗く仕上がっています。
今回の案件は、仕上がり具合を確認するために本機色校正を経て本番の印刷へと進めています。どのように仕上がるかは正直実際に印刷してみないと分からない事が多いので、有償となりますが本機色校正を経て印刷へと進ませていただきますとどのうように仕上がるのかなどイメージいただけるのでお奨めします。

ラベル印刷_活版

活版印刷でのラベルについて

今回は、お好きな用紙を選びタック化しました。それ以外に
タック加工化された既製のタックシールに凸版で印刷していく方法も可能です。店頭にタック紙の見本帖の用意がありますのでお声掛け頂ければ対応いたします。
シール印刷_マーマレード

マーマーレードラベルの仕様

商品名:甘夏マーマレード活版印刷ラベル
サイズ:W87xH48
用紙:ブンペル バーク四六判95kg
印刷:活版印刷1c/0c(刷色:スミ、印圧:ヘビープレス)

マーマーレードラベル印刷

商品名:甘夏マーマレード
Client:株式会社日本総合園芸
Producer:一般社団法人里山デザイン 太田みどり
Director: 一般社団法人里山デザイン 國松繁樹
design:一般社団法人里山デザイン 國松繁樹

【デザイナーの思い】

福岡正信自然農園の持つアイデンティティである「無」の哲学や、農や自然に対する誠実さを、誇張せず、変換せず、如何にそのまま表現できるかを考えた。そのため、デザイン開発に於いて、パッケージの中身である生産物や生産者そのままの本質的価値を最大限訴求するために、内容物など必要情報以外は一切付加しないデザインとした。通常は裏面の印刷やシール等で記載される食品表示法に基づく一括表示を、あえて、表面に配したデザインを考案。デザインに生産者の誠実さや生産物の暖かみを感じさせるため、写植書体のモリサワ中明朝1書体のみを使用。一色刷りの活版印刷にした。やさしさと親しみやすさ、クオリティ感を出した。商品の特別なロゴやネーミングがなく、食品内容表示の商品名と生産者名を入れてあるだけのシンプルなデザインが特徴だ。食品内容表示が表面のデザインとなっていることで逆にインパクトを与える狙いがある。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
最新記事

ONLINE STORE