CLOSE

【活版茶論 #3】インキの使わない印刷ってなに⁇ニッチな加工のお話

2019.05.07LABO

紙の包装紙などに施されているのを見かけるエンボス加工。

一見、見た目の装飾の為に施されている様に見えますが、
中には機能面も追求されて加工されている物もあります。

#3 活版茶論では池ヶ谷紙加工様にご協力いただき、
日本で一台しかないミニマムエンボス機を持ち込みます!

生産現場で携わっている者だからこそわかる、
素材の特性を生かす方法などを池ヶ谷紙加工様にお話しいただきます。

エンボス加工をはじめ、印刷の多様な可能性にご興味のある皆様、ぜひご参加下さい!

————
▼日程
2019年5月18日(土)15:00〜17:00

▼場所
CAPPAN STUDIO【京都活版印刷所】

▼参加費
1,500円/人

▼協力
池ヶ谷紙加工
————

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
最新記事

ONLINE STORE