CLOSE

2ツ折ショップカード 活版印刷と箔押し、角丸加工、スジ入れ

2022.06.03WORKS
活版印刷ショップカード

ヴィンテージゴールドx活版印刷x箔押しでcappan studioのショップカードを作りました。
ヴィンテージゴールドは表裏の色が違う用紙で、表はキラキラの金ラメが入ったような用紙です。
今回はゴールドとアンティークの2色を使用しました。

ヴィンテージゴールド アンティーク

ヴィンテージゴールド アンティーク

表面は、活版印刷で白とスミ2色印刷。白色のインキは紙の地色が出てしまうので、弊社オリジナル活版インキの白に少し細工して印刷しています。
それでもまだまだ地色の透け感は気になります・・・。

印圧は、白色インキ部分は強くハードプレス。
スミ部分は優しいタッチの印圧で印刷をして立体感を演出してみました。

活版印刷印圧の違い

中面は、結構贅沢に活版印刷x箔押しで表現しています。
中面の活版印刷は、凸凹が出ないよう微妙な調整で印刷しています。
版も印圧を出したくないので、版の硬さを変えています。

活版印刷箔押し

弊社では、デザイン面や印刷の仕上がりに合わせて、金属版、樹脂版あわせて6種類の版材を選んで印刷しています。
同じ刷り物でも版の厚みが変わる時もあり、通常のメタルベースの高さでは使用できない版もあり、現場では色々工夫しながら刷り物を仕上げていきます。

印刷業界では、効率化といわれ、版の交換や印刷の刷出しスタートまでの時間短縮を目指しています。
まさに逆行・・・
『非効率の中にある大切なもの。』
こんな言葉を大切に、すこしでも満足度の高い、良い仕上がりへの挑戦をさせて頂いています。

活版印刷ショップカード中面

最後に仕上げは、活版機でショップカードセンターのスジ入れをして、製本工程へ折り機で折りをして、角丸をして完了です!
角丸機は、足踏みで角を落とす機械と自動で角を落とす機械があります。
今回は自動機で角Rをつけています。

201502_012_h_original

活版印刷でのショップカード

【仕様】

用紙:ヴィンテージゴールド アンティーク、ゴールド 4/6判107kg
印刷:活版印刷 表面2色/裏面1色+箔押し
(刷色、印圧、版材)
表面:白色・・・ハードプレス、スミ・・・印圧なし 両版とも金属版
裏面:スミ・・・出来る限り印圧なし 版材は樹脂版(硬度低め)、箔押し 金
加工:活版スジ入れ1本
製本:断裁、2折、角R
Design:zealplus

 

ショップカードは、cappan studioに置いてあります。
ご自由にお持ち帰りください(^^)
以前使用していた活版印刷ショップカードはこちらでご紹介しています。

初稿:2015年4月16日
改訂:2022年6月3日


関連記事
最新記事