CLOSE

活版でベタ印刷のち空押し

2016.01.07WORKS

ベタ印刷の後、同じ場所を空押しをして、文字を浮かびあがらせている活版名刺です。

素敵なデザインを請け賜りました。

表面は、スミと快晴の空をイメージされたような青。そしてその青ベタを印刷した後、空押しをして、白抜き文字の [空-KEN]のロゴ部分を浮き上がらせています。

エンボスのようには浮き上がりませんが、エンボスと違い裏面は凸凹しないので両面の名刺には向いた方法かも知れません。

空押しで浮かび上がらせる

 

両面活版印刷

裏面も活版印刷をしています。用紙は特Aクッション0.8です。厚みがあるため印圧を強く掛けて裏面への凸凹の干渉を抑えることが出来ています。

特Aクッションは、インキののりもよく本当に活版の適正が良いなとつくづく思っています。

特Aクッション両面活版名刺

活版印刷名刺の仕様

用紙:特Aクッション0.8

印刷:活版印刷 表3色(スミ・青・空押し)裏面1色(スミ)

Client&Design:空-KEN design officeさま

両面名刺_活版印刷

見当合わせについて

表の青色を印刷したあと、さらに同じ内容を印圧を強く入れて2度刷りをしています。

位置ずれがないようにしっかりと見当を合わせをして活版印刷しています。

同じ版を使用しての2度刷りは、弊社では比較的容易に見当合わせしております。

今回のお名刺は、青色を印刷をした版と、空押しの版は、それぞれ違った版材を使用しており、

デザイン内容や、表現する方法によって版材を使い分けるようノウハウを積み重ねています。

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
最新記事

ONLINE STORE