CLOSE

白色インキとGAボードブラック

2016.05.08WORKS

黒紙に白インキで印刷したショップカードを請け賜りました。

黒紙に白インキで印刷した活版名刺を作りたいと良くお声を頂きます。

そのようなお声に参考になれば嬉しく思います。

 

 

白インキ

印刷インキは、透過性がありますので、印刷する紙の色を拾ってしまいます。

もちろん透過性を抑える為に弊社独自の工夫を行いますが、それでも透過性を抑えるのは簡単ではありません。

今回のGAボードブラックであれば、白インキから紙の地色を拾いグレーのような仕上がりとなります。

特に印圧を強くする場合は、紙と版との間のインキが圧力により多く押し出され輪郭にインキがはみ出てマージナルゾーンが出来ます。

多くのインキがはみ出過ぎますと、マージナルゾーンに滲みがでて綺麗で無いため、弊社ではインキを絞ります。

インキを絞るため、インキ濃度が下がると紙の地色を拾いやすくなります。

黒紙_白インク印刷

上は印圧が強いもの、下が印圧を抑えたものです。白色の出方を比較してみてください。

白印刷

黒紙名刺の仕様

活版印刷名刺

用紙:GAボード ブラック 4/6判 300kg

印刷:両面1色 活版印刷

印刷色:弊社オリジナル白

Client:Life Accompany 株式会社

Design:株式会社プラスディー

活版印刷_白

↑表面 ↓裏面

オペーク白_活版印刷

 

GAボードブラック

GAボート-FSは、厚みがあり、多色の展開を持ち、使いやすく人気があります。

厚みは、4/6判で215kg,260kg,300kgの3斤量、11色の展開です。

弊社では、4/6判 215kgを中心に多色の常時在庫をしております。

 

TAKEO紙見本帖:L-1 ・501-3に掲載されています。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
最新記事

ONLINE STORE