CLOSE

耳つき和紙と活版印刷

2020.01.23WORKS
耳付手漉き和紙

楮を使った、手漉き和紙の名刺を活版で印刷しました。
耳がついた名刺台紙を使い、朱を刷ってから、空押しをしています。

耳が付いた和紙なので、見当が合いません。
予測していたので、空押しのドットよりも、朱の方のドットを大きくしたのに・・・

検品すると凄いペケが出ていました。
耳付和紙の2色は、見当がきついものは、寛容なお客様向けとなります。

この名刺のお客様は、日本とフランスとでご商売をされているので、このようなデザインになっています。
海外で喜んでもらえれば嬉しいです。

和紙を語るにはまだまだ不勉強で恐縮ですが、各産地、原料、抄き手の思い。
深く深く掘り下げていくと本当に何ともいえない深みを感じます。
和紙は文化的な側面では見直されていますが、産業として成り立つにはやはり多くの消費も必要なのではと感じています。
和紙と活版印刷で素敵な仕事を積み重ねる事が出来ればと願っています。

2019年11月11日 追記
CAPPAN STUDIOでは手漉き耳付和紙の活版印刷名刺を御注文できるサイト「逸 -ICHI-」をOPENしました。
関西を中心にした和紙の産地、黒谷和紙、丹後和紙、越前和紙、吉野和紙、石州和紙の手漉きの和紙を揃え、活版印刷に適すよう若干厚みが出るようリクエストしたり、材料なども相談し、充実した和紙を用意することが出来ました。

私達のこだわりの「版」「インキ」そして積み重ねたきた技術を駆使して、こだわりの和紙名刺への印刷をスタートいたします。

また、和紙産地の事、抄き手さんのこともしっかりとお伝えする事を目指してサイトをOPENさせました。

和紙名刺 逸 -ICHI

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
最新記事

ONLINE STORE