CLOSE

コットン100%用紙で合計8色名刺!(6c/2c)

2015.07.30WORKS

「WEBを見て、作りたいと思っている名刺を作ってくれそうなので」

とお問合せを頂きました。

何度か、メールとお電話でお打合わせをさせて頂いた後、出来ました!!なんと、表6色 裏2色の活版名刺です。

多色活版名刺

見当が本当に合うのか、ご期待に沿えるのか、安心の許さないデザイン内容でしたが、無事完成、納品させて頂きました。

厳しいかな・・・。難しいかな・・・。っていう仕事への挑戦のご機会を頂け本当に有難く思っております。難易度の高い仕事を経験させて頂くことで、今よりももっと向上することができ本当に嬉しいです。

もちろん、成功ばかりでなく失敗もあり、お叱りを受けることもありますが、あくなき挑戦を続けていきます!

6色特色印刷多色活版名刺の仕様

活版名刺 55x91mm

用紙:クレーンレトラ スノーホワイト 606x1016判 199kg

印刷:表6色 裏2色 (オール活版印刷)

Client:有限会社アルファス

クレーンレトラ活版印刷

<表面>

ロゴのジッパー部分は、弊社オリジナルの高濃度シルバーを使用させていただき、銀の雰囲気を出させてもらいました。

ロゴだけで4色。そして空押しとお名前のスミの合計6色特色での活版の名刺です。

ロゴ部分の見当合わせに神経を集中させて印刷させていただきました。

活版ベタ白抜き<裏面>

ベタの白抜きで1色に見えますが・・・。

実は、白抜き部分「空押し(Blind letterpress)」を入れています。こういう細かなディテールに拘わられるデザイン、弊社向きです(笑)

 

活版印刷はベタが出にくいと言われます。デザイン内容や白抜きの度合い,、用紙の種類ににより、ムラが出たりすることもあります。

弊社ではベタの再現をする際は、なるべく印圧をいれず、ベタの表現を綺麗に出すことに注視させて頂く方法をとっております。

印圧を強くすると、凸版のインキの乗る部分と紙が接触する部分のインキが外側に押し出せれてしまい、非常に大きなマージナルゾーンが出来てしまい仕上がりに洗練を欠くと弊社では考えているため、極力マージナルゾーンを抑えるため、なるべく印圧を入れない事をお奨めしています。

空押し_活版名刺

クレーンレトラ(コットン100%紙)

人気のあるコットン紙、もちろん100%コットンのクレーンレトラのスノーホワイトを使用いたしました。

柔らかで、優しい用紙で、インキの乗りや印圧の入り具合が良く、アメリカで活版印刷で使用する用紙としてクレーンレトラの用紙が選ばれ、人気があることに毎度毎度、納得させられます。

いちど、お試しください!

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
最新記事

ONLINE STORE